お茶屋ブログ

こんにちは!
牧ノ原ブログ担当のせーじです。

いやあ~。
今年も島田の製茶工場に行って「新茶」の仕上げ作業を職人たちと共に行ってきました!
4月中旬から約20日間の長期出張(GWも休みなし!笑)で、仕上げてきました。

ということでタイトルも「新茶シーズンがやってくる!」から「きた!」に変更です!
※年間もののお茶はこの後に順次仕上げていくので、現在販売終了しているものもあります。ご注意くださいませ!

 

今年は、ボクが早い時期から島田に入り、「新茶」を順次仕上げました。

新茶『優艶‐ゆうえん‐』
http://www.ryokucha-shop.jp/fs/makinohara/gr30/yuen

新茶『春容-しゅんよう-』
http://www.ryokucha-shop.jp/fs/makinohara/gr30/syunyou

新茶『翠風-すいふう-』
http://www.ryokucha-shop.jp/fs/makinohara/gr30/suifu

新茶『風趣-ふうしゅ-』
http://www.ryokucha-shop.jp/fs/makinohara/gr30/fusyu

新茶『清か-さやか-』
http://www.ryokucha-shop.jp/fs/makinohara/gr30/sayaka


今年は、昨年の摘採時期などを考慮して、それぞれちょっと早めの発売日に設定したのですが。。。
読みが甘かったですね~。。
「新芽」が出てから中々気温が上がらず…
どの「新茶」も、ぎりっぎりの仕上がりになってしまいました。
なんとか間に合いましたが、ミラクルでした。(笑)

更に「雨」に悩まされた年でした。
「雨」が降ると、茶農家さんたちは摘採しないんです。
なぜかということを簡単に言うと、「茶葉が水っぽく味が薄くなる」からなんです。
なので、例えば…
月曜日(雨)→ 摘まない → 火曜朝の荒茶仕入れなし
火曜日(晴)→ 摘んで荒茶にする → 水曜朝の荒茶仕入れあり
といった感じになります。

素材となる「荒茶」の仕入れができないってことは、当然「新茶」を仕上げるスケジュールがズレてきちゃうんですね~。。
やはり「自然相手」のものなので、難しいな~と痛感しました。

 

昨年のブログでもかいたのですが、牧ノ原の深蒸し茶を仕上げるには、目指す味わいの違いや荒茶の状態、仕上げる量などに合わせて2種類の機械「オチアイ式」と「ヨコヤマ式」で使い分けて「火入れ」作業を行います。
使い分ける基準や詳細は企業秘密。
  
新茶『優艶-ゆうえん-』(1号)から、新茶『清か-さやか-』(5号)の間にも使い分けています。
もしその「違い」が判ったら、あなたも「お茶屋」になれます!(笑)

季節のご挨拶(新茶は『旬もの』です!)や、「母の日ギフト」などにもおすすめですよう!
もちろんご自宅用にも、ぜひ今の時期にしか味わえない『旬』の味わいを楽しんでいただけたらと思います♪

ではまた♪
ヽ(^。^)ノ

【接待の手土産セレクション2年連続「特選」】お茶葛もち

接待の手土産セレクション特選「お茶専門店のお茶葛餅」単品

接待の手土産セレクション特選「お茶専門店のお茶葛餅」
単品

接待の手土産セレクション特選「お茶専門店のお茶葛餅」2個入り

接待の手土産セレクション特選「お茶専門店のお茶葛餅」
2個入り(プチギフトパック)

接待の手土産セレクション特選「お茶専門店のお茶葛餅」8個入り

接待の手土産セレクション特選「お茶専門店のお茶葛餅」
8個入り

接待の手土産セレクション特選「お茶専門店のお茶葛餅」12個入り

接待の手土産セレクション特選「お茶専門店のお茶葛餅」
12個入り

接待の手土産セレクション特選「お茶専門店のお茶葛餅」16個入り

接待の手土産セレクション特選「お茶専門店のお茶葛餅」
16個入り

お茶専門店のお茶スイーツ48個入りはこちら

接待の手土産セレクション特選「お茶専門店のお茶葛餅」
48個入り

極上茶「浮舟」

極限まで高められた火入れの技術により生まれた
極上茶「浮舟」

お茶専門店の王道茶「藤壺」

当店スタッフの支持率ナンバー1
お茶専門店の王道茶「藤壺」

奏香箱(かなでこうばこ)

玉手箱のような特別なギフト
奏香箱(かなでこうばこ)

美都の香(風呂敷包み)

華やかな梅七宝柄のお茶缶入り
高級深蒸し茶「美都の香」

式部・源氏セット(雅パッケージ)

最高級緑茶セット
式部・源氏セット(雅パッケージ)

茶専門店のお試しお茶セット

5種類から選べる一生付き合えるお茶との出逢い
お茶専門店のお試しお茶セット