お茶屋ブログ

こんにちは。
牧ノ原ブログ担当のせーじです。

今回はお茶屋らしく、久しぶりにお茶のことを。(笑)
写真もなしです。(笑)
ぐちっぽいかもです(笑笑)
※気が進まない方はスルーしてくださいね。

以前、人から「お茶って高いよね」的なことを言われたことがあります。
そうおっしゃっていた方は「ペットボトルで済ませちゃう」と。。

ペットボトルのお茶を買うと、だいたい税込で130円~150円ですよね。
ディスカウントストアなどで「まとめ買い」するとだいたい90円前後ってところでしょうか。

さて。

では「茶葉」を急須で淹れるとどうでしょう。

牧ノ原でも人気No.1を争う、弱火仕上げ代表「藤壷」と、強火仕上げ代表「浮舟」で考えてみます。

「藤壷」は、100gで税込1,134円です。
「浮舟」が、100gで税込907円です。

お湯呑(※約180cc程度 お寿司屋さんサイズ)で、牧ノ原的淹れ方だと、1回に5g~7gほどの「茶葉」を使用します。
1回につき、3煎(3杯)までは余裕でいけます。
4煎目までいけますが、おいしく飲むなら3煎目までですかね。

5g使用したとして、100gだと「20回」飲めますね。
さらに、1回につき3煎(3杯)で考えると、100gで60杯飲める計算です。

「藤壷」なら、税込で1杯当たりなんと「18.9円」!!!
「浮舟」なら、なななんと!
税込で1杯当たり「15.12円」です!!!

茶舗 牧ノ原で一番の「高級茶」「式部」でも「37.8円」です。

さて。
「ペットボトルは500ccだぞ!」ってツッコミが聴こえてきました(笑)

500ccに換算すると、100gの茶葉で21.6杯飲める計算です。
ってことは…
「藤壷」で1杯(500cc)「52.5円」!!
「浮舟」なら1杯(500cc)「41.99円」!!!

実際は、500cc分のお茶を淹れる(大人数とかで)シーンを考えると、茶葉は10gほど使います。
それで3煎(おかわり)出せます。
ということは、10gで1,500cc分ですね。
100gだと15,000cc(15L)いける計算です。
500ccで30杯分です。
なので
「藤壷」で1杯(500cc)「37.8円」!!
「浮舟」なら1杯(500cc)「30.23円」!!!

さぁ。
これでも「お茶って高いよね」って言えますか?(笑)

そんなお話しをさせていただいた件の方。
現在は、自分好みの「茶葉」で淹れる「お茶ファン」になりましたとさ♪

ではまた♪

【接待の手土産セレクション2年連続「特選」】お茶葛もち

接待の手土産セレクション特選「お茶専門店のお茶葛餅」単品

接待の手土産セレクション特選「お茶専門店のお茶葛餅」
単品

接待の手土産セレクション特選「お茶専門店のお茶葛餅」2個入り

接待の手土産セレクション特選「お茶専門店のお茶葛餅」
2個入り(プチギフトパック)

接待の手土産セレクション特選「お茶専門店のお茶葛餅」8個入り

接待の手土産セレクション特選「お茶専門店のお茶葛餅」
8個入り

接待の手土産セレクション特選「お茶専門店のお茶葛餅」12個入り

接待の手土産セレクション特選「お茶専門店のお茶葛餅」
12個入り

接待の手土産セレクション特選「お茶専門店のお茶葛餅」16個入り

接待の手土産セレクション特選「お茶専門店のお茶葛餅」
16個入り

お茶専門店のお茶スイーツ48個入りはこちら

接待の手土産セレクション特選「お茶専門店のお茶葛餅」
48個入り

極上茶「浮舟」

極限まで高められた火入れの技術により生まれた
極上茶「浮舟」

お茶専門店の王道茶「藤壺」

当店スタッフの支持率ナンバー1
お茶専門店の王道茶「藤壺」

奏香箱(かなでこうばこ)

玉手箱のような特別なギフト
奏香箱(かなでこうばこ)

美都の香(風呂敷包み)

華やかな梅七宝柄のお茶缶入り
高級深蒸し茶「美都の香」

式部・源氏セット(雅パッケージ)

最高級緑茶セット
式部・源氏セット(雅パッケージ)

茶専門店のお試しお茶セット

5種類から選べる一生付き合えるお茶との出逢い
お茶専門店のお試しお茶セット