お茶屋ブログ

こんにちは!
ひっそりと更新しているつもりのこのブログ。。(^_^;)
何気に読んでいただいている方が少しずつ増えているようでして。
何となく嬉しくもあり、気恥ずかしくもある
牧ノ原ブログ担当のせーじです。

楽しく読んでいただけるよう更に精進いたします!( ̄ー ̄)ゞ

さて!
だいぶ日が延びてきましたね~♪
ここ本店の閉店時間は19時なのですが、閉店後もまだうっすら明るいですもんね。

日中の気温も上昇してきて、そろそろ「水出し煎茶」が飲みたくなる季節ですね!
(^-^)b

牧ノ原では、特に「水出し専用」の茶葉はご用意していません。

そんな訳で、今回のブログでは「水出し」に適したお茶について書いてみたいと思います。

以前にこのブログで、お茶の成分「カテキンとテアニン」については書きましたね。

過去記事はコチラ↓↓↓
「お茶がもたらす美容と健康効果~カテキンとテアニン~」

このときは、各成分の抽出に「お湯(水)の温度」が深く係わっていることは書きませんでしたので、ここでざぁっくり書いておきます。

お湯(水)の温度が高いほど「カテキン(渋み)」は抽出されやすくなり、「テアニン(甘み)」が抽出されにくくなります。
逆に、温度低い(冷たい)ほど「テアニン(甘み)」が抽出されやすく、「カテキン(渋み)」が抽出されにくくなります。
(^-^)b

はい!
もう気が付きましたね~!

そうなんです!
つまり「水出し」にすると、茶葉がもつ「甘み」成分が最大限に抽出されるので、渋みをほとんど感じない「すっきり甘いお茶」になるんです♪
(^^)v

では、茶舗 牧ノ原の「深蒸し茶」の中で、「冷茶」に一番オススメのお茶はどれでしょう?

それは「藤壷」ですっ!!
ヽ(^。^)ノ

「甘み」の強さ・量で言えば、当然「式部」になりますし、実際「水出し式部」もとても美味しいのですが、色味・味のバランス・コストパフォーマンスなど総合的に考えると、やはり「藤壷」が一番ですねぇ~♪

「藤壷」のお求めはコチラ↓↓↓
http://www.ryokucha-shop.jp/fs/makinohara/gr1/fujitubo

期間限定の「新茶」シリーズも非常に「水出し」にとても向いてます。
ただし、もう残り僅かになってきました。

どうやら「強火」のお茶(例えば「浮舟」)よりも、「弱火」で仕上げたお茶の方が「水出し」に向いている感じですね~。

とは言え、これもまた「お好み」!
ぜひお好みの煎茶で「水出し」お試しくださいね♪

ではまた!
ヽ(^。^)ノ

【接待の手土産セレクション2年連続「特選」】お茶葛もち

接待の手土産セレクション特選「お茶専門店のお茶葛餅」単品

接待の手土産セレクション特選「お茶専門店のお茶葛餅」
単品

接待の手土産セレクション特選「お茶専門店のお茶葛餅」2個入り

接待の手土産セレクション特選「お茶専門店のお茶葛餅」
2個入り(プチギフトパック)

接待の手土産セレクション特選「お茶専門店のお茶葛餅」8個入り

接待の手土産セレクション特選「お茶専門店のお茶葛餅」
8個入り

接待の手土産セレクション特選「お茶専門店のお茶葛餅」12個入り

接待の手土産セレクション特選「お茶専門店のお茶葛餅」
12個入り

接待の手土産セレクション特選「お茶専門店のお茶葛餅」16個入り

接待の手土産セレクション特選「お茶専門店のお茶葛餅」
16個入り

お茶専門店のお茶スイーツ48個入りはこちら

接待の手土産セレクション特選「お茶専門店のお茶葛餅」
48個入り

極上茶「浮舟」

極限まで高められた火入れの技術により生まれた
極上茶「浮舟」

お茶専門店の王道茶「藤壺」

当店スタッフの支持率ナンバー1
お茶専門店の王道茶「藤壺」

奏香箱(かなでこうばこ)

玉手箱のような特別なギフト
奏香箱(かなでこうばこ)

美都の香(風呂敷包み)

華やかな梅七宝柄のお茶缶入り
高級深蒸し茶「美都の香」

式部・源氏セット(雅パッケージ)

最高級緑茶セット
式部・源氏セット(雅パッケージ)

茶専門店のお試しお茶セット

5種類から選べる一生付き合えるお茶との出逢い
お茶専門店のお試しお茶セット